トレーニンググッズの導入を検討中の人に役立つ情報サイト

自宅にあると便利なトレーニンググッズ

>

導入方法を考える

自分に合ったグッズを知る

筋トレに使うグッズには、いろいろなものが存在します。
また、グッズによって鍛えられる筋肉の種類も異なるため、グッズの種類を把握したうえで、自分の目的に合うかどうかを見極めましょう。

トレーニンググッズとして、プッシュアップバーは代表的存在です。
こちらは、腕立て伏せに使うもので、胸筋などを鍛えるために役立ちます。
胸筋は筋トレの成果が現れやすいといわれるため、トレーニングの励みになるかもしれませんね。
上腕二頭筋などを鍛えるダンベル、床に敷くトレーニングマットの存在も見逃せません。

ほかには、握力を鍛えるハンドグリッパー、利用範囲が広いトレーニングチューブ、懸垂などに使うチンニングスタンドもあります。
腹筋を鍛えるための腹筋ローラー、お茶瓶のような形をしたケトルベルなども知っておくとよいでしょう。

身近なもので代用する

トレーニンググッズを揃えるためにはお金が掛かります。
そのため、一度に揃えるのではなく、ブッシュアップバー、ダンベル、トレーニングチューブなどから始めるとよいでしょう。

また、身近なもので代用できる場合は、それを使うとよいかもしれませんね。
そのひとつにダンベルがあります。
ダンベルは「力こぶ」をつくるグッズとしても知られています。
両手で上げ下ろしをしたり、上げたままで左右に開いたり、使い方もいろいろです。

水や砂などが入ったペットボトルは、ダンベルの代わりに使うことができます。
ペットボトルの大きさを変えることにより、重さ調節にも役立ちます。
ただし、持ちにくいという難点があります。

トレーニングマットの代用として、キャンピングマットやヨガマットなどの使用も可能です。
それらを使うときは、薄すぎないものや滑らないものを選ぶようにしたいですね。


このTOPICSをシェアする